◆ 神戸きらきら☆タウン
 イベント情報
検索結果:9件 - 
【展示・講演】 有馬玩具博物館
有馬玩具博物館では、世代を超えて遊ばれているおもちゃをヨーロッパから約4000点収集。テーマごとに分かれた4つのフロアで、家族みんなで「遊び」の再発見をしてみませんか?
各フロアで「おもちゃガイド」を開催し、おもちゃの面白さをお伝えしています。

開館時間/9時30分〜18時 (最終入館17時30分)
入館料/大人(中学生以上) 800円  子ども 500円
休館日/毎月第2・3火曜日

問合せ/有馬玩具博物館  078(903)6971
http://www.arima-toys.jp
【展示・講演】 KOBE・とんぼ玉ミュージアム
震災10年を迎えたKOBEの地に、ランプワークで創られたガラス作品を通して、新たな未来への夢と希望を与える「再生」「創生」の光を発信する『KOBE・とんぼ玉ミュージアム』がオープン!
とんぼ玉をはじめとした国内外の作品展示や羽原コレクションによる歴史の紹介など、様々なガラス作品がご覧になれます。

開館時間/10時〜19時(最終入館18時45分)
入館料/大人(高校生以上)400円  小中学生200円
休館日/年末年始・臨時休館日

問合せ/KOBE・とんぼ玉ミュージアム  078(393)8500
http://www.lampwork-museum.com
【展示・講演】 兵庫県立人と自然の博物館
開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
観覧料/大人\200 大高生\150 中小生\100
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

問合せ/兵庫県立人と自然の博物館  079(559)2001
http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp
【展示・講演】 日本玩具博物館
緑ゆたかな田園風景のひろがる中にあり、白壁土蔵づくりの6棟の建物で構成。民芸調の落ち着いた雰囲気の館内には、日本の郷土玩具、駄菓子屋の玩具、海外140ヶ国の玩具と人形など、総数8万点を越える資料を収蔵。常設展のほかに、1号館と6号館では季節に合わせた企画展を開催。また観るだけでなくおもちゃに触って遊べるコーナーもあり、大人にも子供にも喜ばれている。幼い日の想い出につながる懐かしい玩具や人形、それに世界の珍しい玩具や人形と出会えるおもしろユニーク博物館です。

開館時間/10:00〜17:00
入館料/一般\500  高大生\400  子ども(4歳以上)\200
休館日/水曜日(祝日、春・夏休みは開館)、年末年始(12/28〜1/2)
交通/JR姫路駅から播但線の5つ目(約15分)の香呂駅下車

問合せ/日本玩具博物館  0792(32)4388
http://www.japan-toy-museum.org/
【展示・講演】 姫路市立美術館
姫路市立美術館は、姫路の文化の高揚と郷土作家の育成を担う美の殿堂として昭和58年に開館。常設展示、国内外の名品を集めた特別展示はもとより、教育・普及のための各種イベントの開催など多彩な活動を繰り広げています。平成15年には、これまでの常設展示室が、フランス近代絵画を中心とした国富奎三コレクション室になり、館蔵品は日本画、油彩、水彩・素描、版画、彫刻、工芸(東山焼・刀剣)など多彩なジャンルの作品を網羅。姫路を中心とした郷土ゆかりの作品に加え、ベルギー美術のコレクションなど世界的な名品、名画の収集にも力をいれています。

開館時間/9:00〜17:00(6〜8月は18:00まで、入場は閉館30分前まで)
       ※展示室の開場は10:00。
入館料/一般\200  大高生\150  小中生\100  ※企画展は異なる。
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

問合せ/姫路市立美術館  079(222)2288
http://www.city.himeji.hyogo.jp/art
【展示・講演】 姫路文学館
姫路文学館は、姫路を中心とした播磨ゆかりの文人たちを顕彰し、資料の収集および調査、研究を行うとともに、あらゆる文学活動の拠点とすることを目的に、平成3年4月、市制百周年事業の一環として開館しました。国宝姫路城の北西に位置し、建築家安藤忠雄氏の設計によるユニークなデザインが古い町並みに新しい風景を添えています。

開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
観覧料(常設展)/一般\300  大高生\200  中小生\100
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

問合せ/姫路文学館  079(293)8228
http://www.city.himeji.hyogo.jp/bungaku/
【展示・講演】 オルゴールミュージアム ホール・オブ・ホールズ六甲
六甲山の緑溢れる自然の中にたたずむホール・オブ・ホールズ六甲は、1994年7月21日に開館。19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパやアメリカで親しまれていた自動演奏楽器を所蔵し、展示・実演しています。1996年11月12日、自動演奏楽器専門の博物館として、全国ではじめて博物館相当施設に指定されました。オルゴールとともに自動演奏オルガンや自動演奏ピアノ、自動演奏ヴァイオリンなど様々な種類の自動演奏楽器の音色を、解説を交えてお楽しみいただけます。

開館時間/10:00〜17:00(入館は16:00まで)
入館料/大人\1000  小人(4才〜小学生)\500
休館日/木曜日(〜8/31、祝日は営業)、12/31・1/1

問合せ/オルゴールミュージアム
      ホール・オブホールズ六甲  078(891)1284
http://www.rokkosan.com/hall/index.html
【展示・講演】 神戸らんぷミュージアム
時をめぐり、アーティスティックに広がる世界。“あかり”の歴史と文化にふれる、神戸らんぷミュージアム。

神戸らんぷミュージアムは、照明文化における貴重な「旧北野らんぷ博物館・赤木コレクション」を受け継ぎ、火器の変遷を時代とともに楽しみながら学ぶことのできる博物館です。館内では、旧居留地をイメージした「あかりのミュージアム・ウォーク」を散策するように、そしてあかりが照らす時代の扉を開けるように、様々な“あかり”の浪漫をお楽しみいただけます。

開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料/大人\400  小人\200
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

問合せ/神戸らんぷミュージアム  078(333)5310
http://www.kobe-lamp.com/
【展示・講演】 にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」は、東経135度、北緯35度の交点「日本のへそ」にある地球・宇宙をテーマにした科学館です。日本のへそから経緯度、地球、宇宙まで楽しみながら学ぶことができます。科学館周辺の「日本のへそ公園」には、遊びながら科学を体験できる「宇宙っ子ランド」や横尾忠則の作品を集めた「岡之山美術館」などもあり、豊かな自然に囲まれてゆったりと過ごしていただけます。

開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料/大人\510  高大生\200  小中学生\100
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)
交通/JR加古川線「日本へそ公園」駅下車徒歩5分

問合せ/にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム  0795(23)2772
http://www.city.nishiwaki.hyogo.jp/Nishiwaki/kagakukan/kagaku1.jsp
検索結果:9件 - 
このサイトの掲載内容の複製・無断転載を禁じます。
copyright (C)2001-2009 Zenkoku e-town forum. All rights reserved.