◆ 奈良e-古都タウン
 奈良県の社寺 (379)
検索結果:19件 - 1 2 | 次へ→
【大和郡山市】 柳澤神社 (やなぎさわじんじゃ)
〒639-1011 大和郡山市 城内町2-18
本丸跡にあり、祭神は五代将軍綱吉の側用人柳澤吉保。明治13年創立。
【大和郡山市】 矢田坐久志玉比古神社 (やたにいますくしたまひこじんじゃ)
〒639-1058 大和郡山市 矢田町965
物部氏の祖先神である饒速日命を祭神とする、矢田地方の総鎮守社。天磐船で降臨の際に3本の矢を放ち、2本の矢が落ちた所と伝わることから、航空の神とされ、旅行の安全祈願をする参拝者も多い。一間社春日造り檜皮葺き本殿(重要文化財)は南北朝時代、同じく末社の八幡神社社殿(重要文化財)は室町時代に創建されたもの。楼門にはプロペラが奉納されている。物部氏との関係から、このあたりを邪馬台国とする説もある。
【大和郡山市】 矢田寺 (やたでら)
〒639-1058 大和郡山市 矢田町3549
電 話 : 0743−53−1445
照会先 : 矢田寺大門坊
矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念仏院・矢田寺南僧坊の4つの僧坊で総称を矢田寺といいます。また別称をあじさい寺といい、6月から7月のシーズンを迎えると境内には80種7000株のアジサイの花が咲き乱れる。平安時代初期に本尊となった地蔵菩薩は「矢田のお地蔵さん」として有名。広い境内には本堂、開山堂などが立ち並び、本尊の木造地蔵菩薩立像をはじめ、数多くの重要文化財が収蔵されている。境内各所に石像が祀られており、中でも自家製の味噌を口元に塗ると味が良くなるとされる「味噌なめ地蔵」は名高い。
【大和郡山市】 薬園八幡神社 (やくおんはちまんじんじゃ)
〒639-1141 大和郡山市 材木町32
電 話 : 0743-53-1355
奈良時代、平城京の南にあった薬草園に建立されたとみられる。一間社春日造で檜皮葺きの現在の社殿は桃山時代の再建と伝えられ、要所に極彩色を残し、彫刻や鍍金金具からは独特の華やかさが伝わってくる。
【大和郡山市】 売太神社 (めたじんじゃ)
〒639-1108 大和郡山市 稗田町319
電 話 : 0743-52-4669
稗田阿礼を祭神とする。天武天皇の勅命で稗田阿礼が『帝紀』『旧辞』を語り、これを太安万呂が記録したものが、わが国最古の歴史書『古事記』。阿礼は抜群の記憶力で昔話を暗誦したことから、現在は学問の神様として信仰を集めている。神社のある稗田は環濠集落で有名。
【大和郡山市】 松尾寺 (まつおでら)
〒639-1057 大和郡山市 山田町683
電 話 : 0743-53-5023
FAX : 0743-53-5501
代表者 : 住職 松岡 秀弾
宗 派 : 真言宗
養老2年(718)、「日本書紀」の完成と自らの42歳の厄除けを祈願した舎人親王によって創建されたと伝わる。厄除け寺としては日本最古のもの。「厄除け観音」として本尊木造千手観音立像(重要文化財)が名高く、信仰を集めている。境内には建武4・延元2(1337)年再興の本堂(重要文化財)をはじめ、三重塔、行者堂、大黒堂、宝物館などが立ち並ぶ。バラ園は春と秋にはその美しさを咲き競う。また、サツキの名所としても有名。
【大和郡山市】 発志禪院 (はっしぜんいん)
〒639-1052 大和郡山市 外川町128
本多忠常の墓所、長文の碑文のある「歌ヶ崎碑」は有名。寺内墓地に文人柳里恭の墓もある。
【大和郡山市】 東明寺 (とうみょうじ)
〒639-1058 大和郡山市 矢田町2230
電 話 : 0743-52-7320
代表者 : 渡海谷 俊雄
宗 派 : 高野山 真言宗
舎人親王開基といわれる古刹。藤原時代の作と伝わる本尊の木造薬師如来坐像(重要文化財)が安置されている。本堂のほかには、鎌倉時代の七重石塔が建つ。矢田丘陵の中腹に位置している。
【大和郡山市】 浄慶寺 (じょうけいじ)
〒639-1144 大和郡山市 洞泉寺町7
金照山と号し浄土宗智恩院末。天正(1573−92)に増田長盛がもと七条村(現奈良市)から郡山に移した。本尊阿弥陀如来坐像は平安中期の仏像で重文。
【大和郡山市】 洞泉寺 (とうせんじ)
〒639-1144 大和郡山市 洞泉寺町15
重文の阿弥陀如来と両脇侍立像で知られる寺。このあたり一帯は江戸時代からの有名な遊廓の跡で、細い路地の両側に細い格子の古い家並みが続いた趣きのあるところである。
検索結果:19件 - 1 2 | 次へ→
このサイトの掲載内容の複製・無断転載を禁じます。
copyright (C)2001-2009 Zenkoku e-town forum. All rights reserved.