◆ 奈良e-古都タウン
 奈良県の社寺 (379)
検索結果:6件 - 
【橿原市】 御厨子観音妙法寺 (みずしかんのんみょうほうじ)
〒634-0021 橿原市 東池尻町420
電 話 : 0744-22-3928
代表者 : 住職 吉田 明史
宗 派 : 真言宗高野山派
御厨子観音妙法寺は、吉備真備が、入唐留学によって学芸を修めるとともに、唐から無事に日本に帰ることができたことに感謝し、735年(天平7年)に善覚律師(吉備真備の子)に命じて観音堂を創建させたことに始まります。現在のお堂は、元禄時代に、当観音を信仰する人々によって、焼け残った資材を集めて再建されたものです。吉備真備が書いた「大般若経(だいはんにゃきょう)」は、現在も奈良国立博物館に保管されています。
【橿原市】 正蓮寺大日堂 (しょうれんじだいにちどう)
橿原市 小網町
電 話 : 0744-22-6149
もとは、普賢寺といわれた。重要文化財の大日堂は文明10(1478)年の上棟札がある。 本尊の大日如来は重要文化財。
【橿原市】 称念寺 (しょうねんじ)
〒634-0812 橿原市 今井町
電 話 : 0744-22-5509
天文10(1514)年に今井兵部によって開かれた浄土真宗の道場がのちに寺に改められた。初代兵部以来、現在に至るまで今井家が住職を務めている。現在の本堂は近世初頭の再建。老朽化しているものの、入母屋造の大屋根からはかつての隆盛が伝わってくる。この寺の寺内町として発達したのが今井町にあたる。
【橿原市】 久米寺 (くめでら)
〒634-0063 橿原市 久米町502
電 話 : 0744-27-2470
代表者 : 密門 成範
宗 派 : 真言宗御室派
7世紀後半、聖徳太子の弟にあたる来目皇子が推古天皇の眼病全快を感謝して建立したと伝わる。一方で、飛行中に娘に見とれて墜落した久米仙人によって創建されたという伝説もある。本尊薬師如来は眼病に効くとされる。京都仁和寺から移築された多宝塔(重要文化財)は、桃山様式を残している。かつては大寺院だったということが、残された礎石や瓦からも伺い知ることができる。アジサイ園は6月に見ごろをむかえる。大和七福神(信貴山朝護孫子寺、久米寺、子嶋寺、おふさ観音、談山神社、當麻寺中之坊、安倍文殊院)に大神神社が加わり、大和七福八宝の会を発足。
【橿原市】 橿原神宮 (かしはらじんぐう)
〒634-8550 橿原市 久米町934
電 話 : 0744-22-3271
FAX : 0744-24-7720
代表者 : 宮司 伊勢 美登
畝傍山の東南麓に位置する。明治23(1890)年、神武帝が造営し即位した場所とする「日本初期」の記述を基に建立された。初代神武天皇と皇后を祀る。京都御所の賢所を移築した本殿(重要文化財)には、手前に内拝殿、外拝殿が立つ。また、文華殿(重要文化財)は織田家の藩邸を移築したもの。広大さを誇る神域は50万平方メートルに及び、敷地内には森林公園や深田池などもある。玉砂利を敷き詰めた外拝殿前広場も素晴らしい。
【橿原市】 おふさ観音 (おふさかんのん)
〒634-0075 橿原市 小房町6-22
電 話 : 0744-22-2212
FAX : 0744-25-3288
代表者 : 住職 密門 光範
通称おふさ観音。正式名は高野山真言宗別格本山観音寺。通称名は、江戸時代に地元の娘「おふさ」さんが、この地で観音様を奉りはじめたのが後にお寺に発展したといわれています。本尊は十一面観音です大和七福神(信貴山朝護孫子寺、久米寺、子嶋寺、おふさ観音、談山神社、當麻寺中之坊、安倍文殊院)に大神神社が加わり、大和七福八宝の会を発足。
検索結果:6件 - 
このサイトの掲載内容の複製・無断転載を禁じます。
copyright (C)2001-2009 Zenkoku e-town forum. All rights reserved.