◆ 大阪東わいわいタウン
 まみたん
検索結果:51件 - 1 2 3 4 5 6 | 次へ→
【病気・けが】 ゆさぶり症候群
月齢の小さい赤ちゃんの頭は、まだ未完成。そんな赤ちゃんを激しくゆさぶると、脳の血管が切れて脳内で出血し、頭痛や意識障害、神経障害など起こすことがあり、「ゆさぶり症候群」と呼んでいます。「激しいゆさぶり」とはいっても程度はさまざま。激しい「高い高い」でも引き起こされることがあり、注意が必要です。
1歳以下、特に6ヵ月以下の幼児が多く被害に遭っています。激しくゆさぶらないことが大切です。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 異物を飲み込んだ時
すぐに医者にかかりましょう

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 物をのどにつめた時
子どもは手にした物を、すぐに口に持っていきます。まず、危険な物を子どものまわりに置かないようにしましょう。
もしも、誤って口に入れた時は子どもを前かがみに支え、背中を強くたたいて、吐き出させましょう。その後医者に診てもらいましょう。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 鼻血
座らせて、頭を少し前に曲げ小鼻の所をつまんで、止血してあげましょう。首を後ろに曲げたり、仰向けに寝かせないで下さい。20分たっても、止まらない時は受診しましょう。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 頭を打った時
すぐに泣いた時はひとまず安心です。吐き続ける、ボーとするなどの時はすぐに医者に診てもらいましょう。
※ポイント・・・ひきつけないか、けいれんを起こさないか、引き続き注意深く診てあげましょう。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 やけど
まず、水道水で冷やしましょう。服を着ている時は、脱がさずに、服の上から水をかけ、しっかり冷やし続け医者に診てもらいましょう。
※ポイント・・・やけどは大人の不注意でおこります。子どものまわりに危ないものを置かないように!

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 下痢
便の様子がいつもと違っても、機嫌が良ければ、あわてることはありません。
食べ物をひかえて、水分を補給することで、ほとんどの下痢はおさまります。便の匂いや色、回数をよくみてあげましょう。機嫌が悪く下痢が長引いたり吐き気や熱を伴う時は医者に診てもらいましょう。
※ポイント・・・医者に行く時、便を持って行きましょう。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 ひきつけ
急に意識を失って、つっぱり、目をつりあげて、手足を震わせるのが、ひきつけとか、けいれんと呼ばれるものです。普通はせいぜい2〜3分くらいでおさまります。
あわてないで安静にし、おさまったら必ず受診しましょう。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 こんな時には・・・<熱の時>
熱が出たからといって、機嫌がよく、食欲があるなら、心配はいりません。しかし、様子が普段とちがい、ぐったりしたり、顔色が悪い時、吐き気がある時は要注意です。医者に診てもらいましょう。

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
【病気・けが】 予防接種一覧表(その1)
お子さんの体調の良い時に受けましょう。
ツベルクリン
◎対象年齢・・・生後3〜48月未満
◎回数・・・1回
BCG
◎対象年齢・・・生後3〜48月未満(ツベルクリン反応の2日後)
◎回数・・・1回
ポリオ
◎対象年齢・・・生後3〜90月未満
◎回数・・・2回
◎間隔・・・6週以上
★三種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風)
◎対象年齢・・・1期初回、生後3〜90月未満。1期追加、生後3〜90月未満
◎回数・・・初回は3回、追加は1回
◎間隔・・・初回は3〜8週、追加は初回接種(3回)終了後12〜18月の間
★印は市内委託医療機関にて実施(つづく)

情報提供:子育て総合支援ネットワークセンター みらい
検索結果:51件 - 1 2 3 4 5 6 | 次へ→
このサイトの掲載内容の複製・無断転載を禁じます。
copyright (C)2001-2009 Zenkoku e-town forum. All rights reserved.